統合失調感情障害日誌

統合失調感情障害を患っている管理人のこれまでの日誌です

統合失調感情障害の位置付けとは

医師から統合失調感情障害と告げられて、ネットでググってみたが情報が極端に少ないことに驚いた。統合失調感情障害は現在の精神医学でも未解決の疾患であるようだ。

精神疾患の国際的な診断基準であるDSM-5での統合失調感情障害の基準を次に示す。

f:id:intron1:20210512122502p:plain

医師は患者本人の主観的体験や自覚症状を聞き、可能であれば家族や周囲の陳述から行動上の問題などの情報を得て、面接時の表情・態度などと併せて統合失調症状および気分症状の診断を行う。その両症状の同時的な存在で統合失調感情障害の診断が考慮される。

診断の際に参考にするのが上表のDSM-5である。

上表で、基準A1の抑うつ気分とは、「その人自身の言葉か、他者の観察によって示される、ほとんど1日中、ほとんど毎日の抑うつ気分」である。

基準Aでは統合失調症状と気分症状が同時に見られることを規定している。統合失調症の基準Aには幻覚、妄想、まとまりのない会話、の3つがあるが、このうち1つ以上があればよい。

基準Bは、うつ病双極性障害など気分障害との切り分けのために設けられている。同様に基準Cは抑うつ症状がみられる統合失調症との切り分けのために設けられている。

DSM-5では統合失調症双極性障害と区別するための基準が、以前の診断基準であるDSM-Ⅳに比べて明確になっている。また縦断的(時間的)な観点が取り入れられており、症状の経過によって病名が変わる場合があり得ることになる。

統合失調感情障害は統合失調症気分障害の中間に位置するが、独立した疾患概念としては非定型精神病がある。これは症状の経過が急性であり、完全に寛解するものの再発を繰り返す疾患である。非定型精神病は日本独自の呼称であり、国際的には急性一過性精神病性障害と呼ばれている。

統合失調感情障害は、統合失調症気分障害との中間群の特徴を示すことから、歴史的に多くの解釈がなされてきた未解決な疾患である。この疾患の病態を解明することは、今後の精神医学の発展の方向性にも影響を与えるほど重要なことだと考える。