統合失調感情障害日誌

統合失調感情障害を患っている管理人のこれまでの日誌です

突然起こる不安感・焦燥感とアキネトン依存?

先日、3週間ぶりに通院した。うつ状態は軽快し、ほとんど良くなったことを話した。うつのために処方されていたジプレキサ5mgを2.5mg 2錠に変更し、レキサルティ1mgはそのまま継続することになった。結局、新しい処方は次のとおりとなった。
・レクサプロ 10mg
・レキサルティ 1mg
・ジプレキサ 2.5mg 2錠

ジプレキサが2.5mg 2錠になったのは、様子を見て1錠にするか2錠にするかを自分で決めて服用するためである。

この診察で大事なことを言い忘れてしまった。それは最近、ちょくちょく不安感や焦燥感が起きることだ。不定期に午前中だったり、午後からだったりだが、夜には起きない。焦燥感を伴った不安感は、精神的に不安定になるし、苦痛である。

不安感・焦燥感が起きた時にレキソタンを服用したのだが、あまり効果が感じられない。この症状はアカシジアが起きた時の精神症状に似ているので、余っていたアキネトンを服用してみた。そうしたら30分ほどで不安感・焦燥感はぴたりとなくなり、精神的に安定してきた。何か普段よりも余裕が出てきて精神的に強くなったようにも感じる。

アカシジアは体がムズムズしてきてじっとしていられない身体面の症状が表面に出てくるが、精神的には焦燥感や不安感が生じる。私の場合、じっとしていられないという身体の症状は、焦燥感があるのであるといえばあるが、それほど目立たない。

たびたび不安感・焦燥感が起きるのでアキネトンを服用する頻度も多くなる。そのアキネトンの重大な副作用に依存がある。人によってはアキネトンの服用で多幸感を生じる場合があり、依存の生じることがあるという。私の場合は多幸感には程遠いが、不安感・焦燥感が消えて精神的に楽になることは事実である。このままだとアキネトンがクセになりそうだ

それにアキネトンは長期服用で認知機能に影響があるとされている。長く服用していていい薬ではないのである。

急に不安感や焦燥感が起きるのは、レキサルティが原因の可能性がある。レキサルティ1mgはCP換算値でエビリファイ12mgに相当するという。レキサルティはセロトニン系にも作用するので、ドーパミン系のみに作用するエビリファイに比べてアカシジアが起きにくいとされているが、それでも完全に無くすことはできないのだろう。

不安感・焦燥感が起きた時期は、ジプレキサ10mgまたはレキサルティ1mgを服用していた時期に集中している。ここは自己判断でレキサルティの服用を中止し、代わりに余っているエビリファイ1mgに変更することにした。次回受診時にエビリファイへの変更をお願いすることにしようと思う。

統合失調症の症状と双極性障害の症状が同時に起きた

2011年の後半から2012年の前半にかけてうつ状態となり、その最中の2011年の暮れには統合失調症の症状も現れた。

2011年の夏に、上司から今後仕事の内容が変わることを告げられた。その仕事というのがネットワーク関係の仕事で、私が最も苦手とするものだった。

それまでにネットワーク関係の知識を身につける必要性を感じていたので、自主的に参考図書を買ったりして勉強してみたが、学習する上で中心的な概念の理解が難しく、学習途中で挫折を何度か繰り返していた。

それが今後の仕事になると言われた時から、将来への不安が湧き上がってきた。仕事の形態としては、他社でのネットワーク構築を請け負う形になるのだが、その仕事に必要な重要な概念を理解できていない私は、精神的に不安定になり出した。

将来の仕事への取り組みの一環として、ネットワーク機器の販売会社が開催している学習会に参加を命じられて参加してみたものの、さっぱり理解できない状態だった。

日が経つにつれて今後の仕事に対する私の不安感は強くなってきていた。そして秋のある日、ついに会社に出社できなくなった。会社には医師の診断書を提出して休職した。

気分が落ち込み、不安感が強く、それでいて焦燥感もあった。あらゆることに関心を失い、起きていることが苦痛になった。食欲が減退し体重が減ってきた。

そうしたうつの症状が強くなってきた初冬のある日、ベッドで寝ようとするとベッドが下からトントンと突き上げられるような感覚を感じるようになった。階下の住人が私の就寝を邪魔していると思った。それは以前に感じた階下からの突き上げ感と全く同じものだった。

ベットの位置を大きく変えてみても同じように階下からの突き上げ感を感じた。6畳の居間のどこで横になっても階下からの突き上げを感じる。

風呂の浴槽に浸かっていると、階下から浴槽を揺すられる感じがした。浴槽の水量と私の体重を合わせると160Kgは超えていると思われるが、揺すられるのである。水面に揺すられることに反応して波紋が広がる。常識で考えて、それほどの重量物を階下の人が揺さぶることは不可能だと思うが、現実に揺さぶられるので認めざるを得ない。

このアパートで生活を続けることを一時中断し、年末に実家に帰省してうつ状態の治療を受けた。食欲は減退したままで体重が減少した。睡眠時間が長くなり、1日のうちに16時間は寝ているという状態だった。

サインバルタ40mgの処方を受けて2週間ほどすると、うつは徐々によくなり、食欲も戻ってきた。ほぼ鬱になる前の状態まで改善したことから2月半ばにアパートに戻った。その時には階下からの突き上げは全く感じられなくなっていた。3月初めには会社に復帰した。

今から考えると階下からの突き上げ感は、統合失調症(統合失調感情障害)の症状だと言わざるを得ない。常識的に考えて、1階から2階の人の眠っているところを突き上げて睡眠の邪魔をすることはあり得ないと思う。

壁を叩く音は幻聴か

一時期、隣の部屋から壁を叩く音が聞こえてきたことがあった。

その音はコツ、コツという音で、隣の部屋の住人が嫌がらせで壁を叩いているとしか考えられなかった。しかし、嫌がらせといっても自分には隣の部屋の住人に、嫌がらせされなければならないことなど何もないと思った。

その音は数ヶ月は続いた。隣の住人は若い女性だということは偶然目にしたので分かっている。ついに我慢しきれなくなって隣の住人のドアを激しく叩いてドアを開けるよう迫った。

しばらくドアを叩いていたらついに根負けしたのだろう、ドアを開けてきたので壁を叩くのをやめるように要求した。その部屋の住人は「なんで私が壁を叩かないといけないのか」と逆に質問してくるばかりだった。

いくら壁を叩かないように言ってもらちがあかないので、私は「このままではただでは置かないぞ」と捨て台詞を吐いてドアを閉めた。

それで隣の住人は怖くなったのだろう。数日して引っ越していなくなってしまった。ところがである。隣の部屋が無人になっても相変わらずコツ、コツという音が聞こえるのである。

この音は隣の住人がいなくなってからしばらく続いたがそのうちに止まった。

これはどう解釈すればよいであろうか。一つは壁を叩く音は幻聴だというものである。もう一つは階下の住人が音を立てているというものである。

幻聴だとすると、統合失調症の症状が考えられるが、その場合、人の声が多いとされており、物音の幻聴はかなり少ないとされている。

階下の住人が音を立てているのだとすれば、隣の部屋から叩いたように感じられる方法で叩いたことになる。階下から天井の隅の方を叩けばそのように聞こえるのだろうか。1階の天井裏に入って2階の壁際を叩けば可能だろうか。分からない。

今となっては統合失調感情障害との診断を受けているので、この壁を叩くコツ、コツという音は幻聴だった可能性が高いといえるだろう。

失感情症(アレキシサイミア)かどうかをテストする

社会心理的ストレスが原因で、身体に気質的、機能的な障害の起きる精神疾患を「心身症」という。

心身症の疾患としてよくみられるものには消化性潰瘍、過敏性腸症候群、機能性ディスペプシア、疼痛性障害などがある。

消化性潰瘍には胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎などがあり、過敏性腸症候群の症状には下痢や便秘、機能性ディスペプシアでは腹部膨満感などがある。この他にも本態性高血圧、アトピー性皮膚炎、頭痛も心身症の疾患に含まれる。

心身症では、心理社会的ストレスが原因であるため、症状に対しての通常の治療では改善を見ることが困難だという特徴がある。

この心身症の原因と考えられているのが「失感情症(アレキシサイミア)」という性格傾向である。

アレキシサイミアの人には、自分の感情への気づきや感情を言葉で表現することの難しさ、内省の乏しさ、空想力の弱さといった特徴を持つ性格の傾向がある。

そうした人ではストレス状況下でそれを自覚して言葉で表現することができずに、ストレスの影響が身体面の症状として現れてくることになる。

昔から「物言わぬは腹ふくるるわざなり」ということわざがあるように、ストレスを自覚してそれを言葉として表現することができない人では、ストレスの影響が身体に出てくるのである。

私は20代に十二指腸潰瘍に罹り、再発を繰り返して最終的には胃酸の分泌を抑えるために、胃の3分の2を切除する手術を受けた。この十二指腸潰瘍は仕事などのストレスが原因の心身症の症状だったと考えられる。

アレキシサイミアの性格傾向かどうかを調べるテストにTAS-20がある。このテストは20問からなり、それぞれの質問への回答の点数を加算する。

1点 まったく当てはまらない
2点 あまりあてはならない
3点 どちらともいえない
4点 ややあてはまる
5点 非常にあてはまる

次にTAS-20の各問を掲載するのでチェックしてみてほしい

1. しばしば自分がどのような感情を持っているのかわからなくなる
2. 自分の性格を正確に表す言葉を見つけることは難しい
3. 医者にも理解できないような身体的な感覚を持っている
4. 簡単に自分の感情を表現できる
5. ただ問題を説明するよりも分析する方を好む
6. 気が動転しているとき、悲しいのか、恐ろしいのか、怒っているのかわからなくなる
7. しばしば自分の身体の中の感覚に当惑する
8. なぜそのようになったのかを解明するよりも。なるがままにしておく方を好む
9. 自分でも理解できない感情を持っている
10. 人の気持ちに共感することは大切である
11. 人に対して自分がどのように感じているかを述べることは難しい
12. もっと自分の感情を表現するように、人から言われる
13. 心の中の変化を理解できないことがある
14. しばしば自分がなぜ腹を立てているのか、わからなくなる
15. 感情に関する話題よりも、日常の行動に関する話題を好む
16. 心理的なドラマよりも、軽い娯楽番組を好む
17. 親しい友達にも自分の心に秘めた感情を明らかにすることはできない
18. 黙っていても、人に親近感を持つことができる
19. 自分の感情を理解することが、個人の問題を解決することに役立つと思う
20. 映画や演劇を鑑賞するとき、そこに隠された意味を探していては面白みがなくなると思う

注)項目4, 5, 10, 18, 19は採点を反対に行う。1点は5点と数え、5点は1点と数えるなどのように。

採点の合計点が61点以上の場合をアレキシサイミアと判定する。

採点結果は幾つだっただろうか。私がやってみたところ62点という結果となった。ギリギリ、アレキシサイミア傾向だということらしい。

どれを選択してよいか迷う質問が結構あったので、再テストを行うとまた違った結果になるかもしれない。

自分の感情を自覚し、それを他者に言葉として表現することが、身体の健康にとって重要だということが、失感情症(アレキシサイミア)概念からいうことができる。

他人の咳払いで私が簡単にタバコをやめられた理由

「タバコを止めるのは簡単だ。私はこれまでに100回やめている」という小噺があるくらい、タバコを継続して止めることは難しいことだ。

私は大学の寮で仲間がタバコを吸っているのを真似て吸い出したのだが、30歳過ぎになってタバコを完全にやめることができた。それまで何度もやめようとしてやめられなかった私だが、あることをきっかけとしてやめることができたのだ。

そのきっかけというのが「咳払い」である。

どういうことかというと、ある日から職場で在席中にタバコを吸うと(当時の職場は今とは違って、まだ在席での喫煙が可能だった)、10mほど後ろに離れているAさんが必ず咳払いをするのである。

Aさんは私が苦手とする人で、人当たりが強い人だった。職場で最初に咳払いされたのがAさんからだったのだ。あるとき廊下ですれ違う際に、Aさんが私を見ながら咳払いした。これは私がまだ歩き方にとらわれる前のことだった。

タバコを吸うときにAさんから咳払いされたときは、私が歩き方にとらわれていた時期であり、ぎこちない歩き方で後ろを歩く人から咳払いされていて悩んでいた。それがタバコを吸うときにもAさんから咳払いされることで、一層つらく感じたのだ。

その日から私はタバコを吸うことをやめた。やめてから吸いたいと思ったことはまったくない。それほど他人の咳払いは私にとって精神的にダメージを被るものだったのだ。

他人から歩き方など、当て付けで咳払いされることは私にとってつらいことだったが、唯一良かったことがあるとすれば、他人の咳払いのおかげでどうしてもやめられなかったタバコを完全にやめられたことだった。