統合失調感情障害日誌

統合失調感情障害を患っている管理人のこれまでの日誌です

PATM 人にアレルギー反応を引き起こさせる体質!?

PATMとは ”People are Allergic To Me” の頭文字を取ったもので、直訳すると「人々のアレルギー源は私である」となる。

某巨大掲示板の 身体・健康 板に「patm 人にアレルギー反応を引き起こさせる体質」というスレがある。

このスレに集まっている人たちは、自分の体から人に咳やくしゃみ、鼻すすり、目の痒みなどのアレルギー様反応を引き起こさせるガスなどが放出されていると固く信じ込んでいる。こうした人たちは自分たちを PATMER と呼んでいる。

PATMERたちいわく、歩いているときに自分とすれ違った他人が咳をしたり、電車の中とか室内とかで自分の周囲の人たちが咳き込んだりとかが頻繁に起きるという。

あまりにも頻繁に起こるので、自分の体から他人を咳き込ませるガスが出ているとしか考えられないというのだ。中には車を運転中に信号待ちしている相手の車の運転手が反応したり、電話している相手の人が電話越しに反応したり、TVに出ている人が反応したりするとまで主張する人もいる。

詳しいことはその掲示板のスレを見て欲しいのだが、毎日数件程度の書き込みがある。Twitterを PATM で検索してもけっこうヒットする。

ネットで質問を受け付けるサイト(Dr 林のこころと脳の相談室 精神科Q&A)を運営している精神科医の林公一氏のもとにはPATMERからメールが届いており、現時点で2件の内容がサイトに掲載されている。林氏はこの2件のメール内容から、PATMの症状は自己臭症か統合失調症のいずれかの症状であると断定している。

自己臭症とは、自分の体から体臭や口臭、便臭など何らかの匂いが拡散しており、そのために周りの人に迷惑をかけていると妄想的に確信する精神疾患である。

PATMと自己臭症はよく似ている。どちらも自分の体から他者にとって迷惑な何らかの気体が放出されていると確信している点ではまったく同じである。異なるのは他人に迷惑をかけるガスに匂いがあるかないかだけである。PATMERの中には無臭だけではなく、自己臭症と同じように匂いのあるガスが出ていると主張する人も一定の割合でいるようだ。

常識で考えれば、自分の体から出ているガスで他人に咳やくしゃみなどのアレルギー反応を引き起こす病気があるとは考えられない。そう思い込んでいるだけの自己臭症だと考えるのが妥当だろう。

有名なカウンセラーの竹内成彦氏は、これまでに10人以上のPATMを自称する人のカウンセリングを行なってきたという。そのうち、本当のPATMだった人は1人だけであり、その人以外は自己臭症だったとしている。

竹内氏は自身が化学物質過敏症の一種である嗅覚過敏症だと述べている。その竹内氏がPATMの人と相対した際に涙や鼻水や咳が止まらず、目を開けてられない状態に陥り、ほとんどカウンセリングにはならなかったという。

彼は自身の体験から、ほとんどの自称PATMの人は自己臭症だが、例外的にPATM患者が実在するとしている。

人体から皮膚を通してごく微量のトルエンやエチレンなど様々なアレルギー物質がガスとして放出されていることは科学的に実証されている。また化学物質過敏症の人は国内で7.5%、米国では14%といわれている。

放出しているガスの量には個人差があり、特に多くの量を放出する人が、化学物質過敏症の人と至近距離にいれば、その人にアレルギー反応が引き起こされる可能性は全くないとはいえないと思う。

PATM現象とは、一方の極に統合失調症、その対極に真正のPATM、中間に多数の自己臭症が位置するスペクトラムを形成しているようだ。

ラツーダ効果なかった、残念

前回の診察でラツーダ20mgを処方されたのだけれども、効果がなかった。残念だ。

夕食後に1錠服用開始したが、翌日は何も変わらない。朝食後のエビリファイ1mgは休止。
2日目になっても変化なし。
3日目になると朝から軽いうつ気分に。
4日目になると朝から重いうつ気分になった。

だめだ、ラツーダが効いていない。そもそもレクサプロ10mgをこれまで飲んでいるのだが、うつになるってことは効いていなかったということか? エビリファイがうつに効いていたっぽい。

医師の話によるとラツーダは効く人にはめっちゃ効くらしいが、自分には合わなかったようだ。

レクサプロ10mgをベースに増強療法として少量の抗精神病薬をプラスしていって、合う薬を探しているのだが、これだ!というものがない。エビリファイの1mg、ジプレキサの2.5mgが安定しているが効果がイマイチだ。

レキサルティの1mgは服用を続けていると不安感、焦燥感が出てくるんだよなあ。エビリファイの3mgはアカシジアになるし、ジプレキサの5mgは気分の落ち込みになる。

どうしてここまで細かい記述ができるかというと、下表のような「服薬記録表」に服薬内容や精神状態などを記入しているから。

f:id:intron1:20210818134848j:plain

気分指数には気分のアップは+、ダウンはーで5段階で記入し、精神状態などをコメント欄へ、生活上の出来事などを補足欄へ記入する。

お盆で実家に帰省してビールを500mlほど飲んだだけで、翌日の午前中うつ気分になったのには驚いた。やっぱりうつにアルコールはよくないと実感。

次の診察まで1週間あるから、レキサルティ1mgをもう一度試してみようかな。

連日の不安感・焦燥感 レキサルティで賦活症候群

現在、うつの薬としてレクサプロ10mgとレキサルティ1mgを処方されている。レキサルティはレクサプロの抗うつ作用を増強することを期待している。

この処方になってから不安感・焦燥感が起きるようになった。レキサルティが新しく処方に追加になったので、その副作用の可能性がある。

就寝前に服用するが、翌日の午前中に不安感・焦燥感が起きることが多い。だが起きない日もある。0.5mgに減薬してみたが、相変わらず起きる。

レキサルティの副作用としてアカシジアが考えられるが、じっとしてられないとか、そわそわするといったことはない。だからアカシジアとは考えにくい。

レキサルティはエビリファイと比較してセロトニン系に対する作用が強く、そのためにアカシジアが起きにくいとされている。だが、アキネトンを服用すると不安感・焦燥感が消えて精神的に安定する。

原因を調べて見たところ、賦活症候群に行き着いた。

賦活症候群とは、抗うつ薬の服用開始や増量に伴って、不安、焦燥、パニック発作、不眠、易刺激性、敵意、衝動性、アカシジア、軽躁・躁状態といった症状が出現することがあり、これらの症状の集まりのことを表す言葉。

賦活症候群は抗うつ薬で起きることがあるとされているが、レキサルティは抗精神病薬ではあるが、セロトニン系への作用が強いので、抗うつ薬と似たような仕組みで賦活症候群が起きたのかもしれない。

ネットでググってみたところ、精神科クリニックのサイトにレキサルティで賦活症候群が起きることがあると書かれていた。

レキサルティの服用は中止し、残っていたエビリファイ1mgを代わりに服用している。

次回の診察日にはレキサルティの処方中止を申し出よう。

他人の咳払いが自分への当てつけに聞こえる

30歳ごろ、急に周りの視線が気になり出した。駅のホームを歩いていたときに周りの人たちが自分に注目しているように感じられた。車内に入って電車が動き出してからも車内の人たちが自分を見ているように感じて緊張した。

それがあってから出勤途上でも他人の視線を意識して緊張するようになり、歩き方がぎごちなくなった。すると後ろを歩いている人が咳払いをするようになった。後ろを歩いている人を意識した不自然な歩き方は見てわかるので咳払いされているのだと思った。

それから1〜2年経った頃だったと思う。出勤途中である初老の会社員とすれ違った。その会社員がすれ違い様に咳払いをしたのだ。私は彼が咳払いをしたのは、私が泣いたような表情をしていたために、馬鹿にしたのだろうと思った。もうその頃には後ろを歩く人から盛んに咳払いされていて、精神的に弱っており、それが表情に現れるのだ。

実際、鏡を見ても泣いたような表情をしている。「目は口ほどに物を言う」ということわざがあるが、「口は目ほどに物を言う」という言い方当てはまる。目だけを見ても笑っているか泣いているかは分かりにくいが、口元を見れば笑っているか泣いているかはすぐに分かる。口元で表情が泣いているように見えるのだ。

街中を歩けばすれ違いざまに大きな音を立てて咳払いをされる。

咳払いという言葉の意味を国語辞典で調べると「存在を示そうと、​わざと咳をすること」とある。咳払いは他者に向けてなされる咳であり、その点で単なる咳とは異なる。私に咳払いをしている人は、泣き顔をしている人に向けて不快の念を咳払いで表現しているのだろう。

ある朝は出勤のために京王井の頭線の吉祥寺駅で渋谷行きの電車に足を踏み入れた瞬間、電車の入り口横に立っていたNHKの三宅民生アナウンサーにめっぽう大きな音で咳払いをされた。まさに絶妙なタイミングだった。アナウンサーの顔はテレビでよく知っていた。

すれ違い様に咳払いされる頻度は、50〜60人に1人くらいである。人通りの多い道では数分に1回は咳払いされる。一方、普通の人が街を歩いていても、すれ違いざまに相手が咳払いすることは滅多にないと思う。

この症状は表情恐怖といい、確信型対人恐怖の1類型に含まれる。現在では社交不安症という疾患名が一般的だ。精神医学的には不安障害に分類される思い込みの一種だが妄想的確信と言えるほどに思い込みが強い点に特徴がある。

退去した階下の住人が再び入居したのか

以前、アパートの2階に住んでいたのだが、1階に住んでいる住人から何年も嫌がらせを受けていた。こう書くと読む人は妄想や幻聴を書いているのではないかと思うかもしれないが、ここでは自分の感じたことをそのまま書かせてもらうことにする。

その嫌がらせというのが、階下からバンバンと叩く音がするのである。その音は風呂を使った後に決まってするのだ。風呂を使い終わって風呂の水を抜いた後で浴槽の下あたりからバンバンと鳴り出す。時間にして10分間くらい。それが毎日毎回1回の抜かりもなく必ず鳴るのである。

アパートの浴室の天井には大きな丸い蓋があり、天井裏にアクセスできる構造になっている。階下の住人がこの蓋を開けて2階の浴槽の下あたりを叩いているのではないかと思った。

なぜ階下の住人がそんなことをするのか理由を考えてみたが、台所の床下が傷んでいるためか、歩くとギシギシと割と大きな音がするのである。自炊で台所に立つことがあるので、階下の住人はその音を不快に感じて嫌がらせで音を立てているのではないかもしれないと考えた。

嫌がらせの音は風呂以外にもあった。夜半になると階下で窓ガラスを勢いよくガシャンと閉める大きな音を立てるのである。大きな音が聞こえたら1階に降りてみるのだが、3部屋あるどの部屋にも灯がついておらず、人がいる気配がしない。そんなことが何度もあった。1階の住人が音を立てて、すぐに灯を消しているのだろうかと思った。

嫌がらせは音だけにとどまらなかった。深夜、ベッドで寝ていると床を何度も突き上げられるような感じがした。これは階下の住人が床を突き上げることで、私が眠ることを妨害しようとしていると思った。ある晩は床の突き上げが朝まで続き、眠れなかったことがある。

それにしても階下の住人はどういう方法で2階の床下を突き上げているのだろうかと不思議だった。2階の床下が突き上げられていると分かるほどにするには、かなり強い力で2階の床下を押し上げなくてはならない。しかもベッドは2階の壁際にあるのだ。そんな位置にあるベッドで突き上げられていると感じられるようにすることなど可能なのだろうかと思った。だが現実に感じているので、1階の天井板を外して、2階の床下を直接押し上げているのかもしれないと考えてみたりした。

そんな状態が数年続いたある日、階下の部屋でリフォーム工事が行われていることに気づいた。すると直前まで聞こえていた音は階下の住人が立てているのではないことになる。

階下でリフォーム工事が行われている間に風呂を使った後で相変わらずバンバンと音がする。この音は風呂の暖かい温水がパイプを通ることでパイプが一旦拡張し、温水が通らなくなって冷えてくるとパイプが収縮して、何らかの仕組みでバンバンという音が発生しているのだと考えざるを得なかった。

リフォーム工事が終わった後で、夜間になって階下の部屋の窓から室内を薄明かりに目を凝らして見ると、がらんとしており、何もないのでまだ誰も入居していないと思った。

しばらくすると階下の部屋にソファらしきものが置かれているのが分かった。さらにはカーテンが引かれているようになった。階下の部屋に新しい住人が入居したことは明らかである。

それが分かってからである。風呂を使った後に必ず鳴るバンバンという音が、階下の住人が慣らしているように感じられるようになった。詳しく言うと、冷えてバンバンと音が鳴るようになった後で、階下の住人がそれにタイミングを合わせて何かを叩いて音を立てていると感じられるのである。

それに夜に階下で窓ガラスをガシャンと大きな音を立てて閉めることが再び起きるようになった。さらには床下を突き上げられる感じも再び起きてきた。

以前の住人がいた時と同じ現象が起きるようになったのだ。そうすると新しく入居した住人は、実は以前の住人であり、私に嫌がらせをするために、リフォーム工事が終わって再び入居してきたのではないかと考えざるを得なかった。

しかし、そんなことまでする人がいるだろうかとも考えた。いくら嫌がらせをするからといっても、一度退去した部屋に再び入居するとは、現実にいるとすれば相当執念深い人間に違いない。

常識的に考えればそんなことまでする人はいないことになる。そうすると私の考えは妄想ということになる。だが現実に以前と全く同じ嫌がらせが起きているので、自分としては同じ人が再び入居してきて、嫌がらせを再開したとしか考えられなかった。

この場合の現実に起きていると感じていることは幻聴や妄想の結果であるということが客観的な考え方だ。その時の私は現実を客観的に認識することができていなかったといえる。

階下の住人がどうやって2階の床下を突き上げているのかを突き止めるために、階下の部屋のドアにある郵便物などを差し入れる枠の蓋をそっと開けて室内を見てみたことがある。枠が狭いのではっきりとは見えなかったが、部屋の中央に何かが積み上げられているように見えた。その上に登れば2階の床下を押し上げることができそうに思えた。

その話を医師にすると、「それは犯罪ですよ」と叱られた。確かに他人の家を覗き見ることは犯罪である。当時の私は被害者意識が強くて、その行為の違法性を認識することができなかったのだ。